はじめてのトラックボール

By | 2015 年 7 月 26 日

エレコムM-XT1DRBK。初トラックボール。親指がプルプルする。

会社で使ってる支給品マウスが老朽化のためかスクロールの動きが不安定になってきた。
会社の机は手元のスペースがちょっと狭いというのもあり、
一度使ってみたかったトラックボールに手を出してみる。

ワイヤレストラックボール – M-XT1DRBK
http://www2.elecom.co.jp/products/M-XT1DRBK.html

金曜夜の会社終わってから閉店間際のヨドバシへダッシュで購入。
ロジクールのm570tと迷ったが、あちらはちょっと試してみようとするにはそこそこのお値段。こちらは発売当初よりはだいぶ安くなりポイントも貯まってきていたので全額利用で。

約半日使ってみて。
真っ直ぐカーソル移動させようとするとふらふらするものの、慣れれば問題なくなりそうに思える。

標準のポインタの移動速度がけっこう速く感じるので、本体の反応速度は遅い方の設定にした上でPC側のマウスカーソルの移動速度もちょっと遅めでちょうどいい感じ。
windows版ではポインタ速度の設定が専用アプリからできるがMac版のアプリにはこの機能が無し。
Mac標準の システム環境設定>マウス から移動速度の設定。

本体裏面スイッチで「ローエナジー(寿命重視)・ハイスピード(トラッキング性能重視)」の切替ができるとのことで、切り替えてみても体感できるほど何かが変わった気はしない。
違いが分かるほどまだトラックボール慣れしてないというのが大きいのかも。

キー割り当て
戻る/進む ボタン動作がMacのsafariではイマイチ
戻る:効かない(何故か1passwordの拡張が起動する)
進む:効く
Chromeでは戻る・進むとも効かない?

[7/26追記] 設定用アプリにて、”任意のキー”で [Cmd + →/←] を割り当てることで解消

Macbookで使うには、慣れの問題なのでしょうけども、通常はトラックパッドでのジェスチャー操作をほぼ無意識レベルでやっているので、いざトラックボールに持ち帰るといちいち操作方法を考えてしまう。
”丸一日使い続ける場合”で考えてみると、各指の動きが限定される分トラックボールのほうが疲れない気もする。

Windowsに切り替えてみると、ポインタ操作がぎこちない以外はそんなに違和感は無く。
元々Windowsでの作業時のみの使用目的での購入なので、月曜から実戦投入してみてもうしばらく様子見かな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です