夏の板メンテ

投稿者: | 2008 年 9 月 16 日

夏っつーかもう秋ですがね。
たまには道具のネタでも。

ウォータージャンプやってると板にブラシがこびりついちゃうんだよねぇ。
このように。

イン側のエッジに沿って緑の毛が生えてくるのです。
アプローチでいつもガシガシ漕いでいってんのと、踏み切るときもイン側に力(チカラ)かかってんだろうか?
とにかく内側にギッシリと。
こいつ剥がしてやるだけでホント、アプローチのスピード変わるもんね。

1日の間に何度かキッカーの脇でガシガシやってたりします。


そして真っ黒ソール。

汚ねぇ(笑)

毎回飛ぶ前にワックス塗るんだけど、それがワックスというかろうそくなのですよ。
まー、なんでろうそくかと言ったら「そこに置いてあるから」なんですが。
(毎度頂いてます。ケッパレさまThanksです。)

トップ側も多少黒ずんでたりするけど、どっちかというとテール側のほうが酷く黒い。
ろうそくって燃やすと”スス”が出ますよね。
おそらく飛び出すときの摩擦で焦げたみたいな感じなんじゃないかな。と。

ここ最近だいぶ黒くなってきたので、今日は冬にやるみたいにクリーニングワックスかけてみました。
完全には取れなかったもののけっこうキレイになった。
で、クリーニング後にろうそくじゃなくて、ベースワックスをガン塗りしといてやった。
使ったのはマツモトのANT-BB。

ろうそくよりは断然硬いから持ちもいいはず。
滑り具合は次回のお楽しみってことで♪

で、お掃除ついでに補修もちょっとだけ。

どフラットな水面に着地する衝撃で、トップ&テールのソールが少しずつ浮いてきているのです。
そこへボンドを注入!(木工用)

まー、これは気休め程度のもんですが。

WJはあと何回行けるかなー
だんだん涼しくなってきたし、そろそろ冬支度しないと。。

夏の板メンテ」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Sadoru.log::Skiing » ボンド注入の結果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です